--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.04

今年は事後で

 毎年恒例となった(のかな?)新文芸坐のオールナイト企画。
 ロード・オブ・ザ・リング、三部作一挙上映こと、ワンリング・ワンナイト。
 今年も行ってきました。

 毎回少しずつイベントが減っているのと(今年はロビーでのポスター&チラシ展示と、記念スタンプのみ……関連グッズも無かった)フィルムの劣化が激しい(場内アナウンスでお断りが入るほど)のがちょいと悲しいですが、それでも堪能してまいりました。

 これで三度目。

 観るたびに、自分の視点やら好みやらが変わっていくのが分かるのが、また面白い。
 今回は、己がいかに「絶望的な籠城戦」を愛しているかが、よくわかってしまいましたですよ。

 最終の「王の帰還」よりも「二つの塔」の戦闘の方が好きなのは、きっとそのせいだなあ。
 老人や子供が武具を渡されるシーンとか。
 エルフの援軍が到着するシーンとか。
 差し挟まれるエントの会議とか。

 クライマックスの夜明けは、言うに及ばず。

 絶望的な状況がひっくり返る、あの一瞬のカタルシス。ああたまんね。
「王の帰還」にも援軍到着シーンはあるけれど、それを迎えて喜ぶ側の描写が今ひとつ……というか、かなーり物足りないのです。
 それを補ってあまりある戦闘なのも確かですが。

 ちなみにチケット購入が遅かったので、ちょっと端っこよりの席だったのですが、悪くなかったです。下手にど真ん中の良い席よりも、前の人の頭が気にならなかったりしたし。

 そうそう、前回、隣に座った人の食べ物のにおいが気になったと書きましたが、今年は上映前に、飲食についてのマナーの注意がアナウンスされていて感動しました。お弁当は休憩時間に食べてね、とか、レジ袋はガサガサするからあまりいじらないでね、とか。
 けっこう同じことを思って、苦情を言った人が多かったのかしら。

 ……しかし、普段からオールナイトの常連さんらしい男性達の、「今日は女性客が多いですねえ」という雑談が耳に入って、なんだか申し訳ない気持ちになったり。

 テンションの高い人が多かったでした。はい。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/307-282babb3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。