--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.30

なつかしいのとか新しいのとか


子どもたちは夜と遊ぶ(上)
 初めての辻村深月。
 プロローグ部分はちょっともったいをつけすぎな気もしたけれど、個人的に好きなシチュエーションということもあって、ふんふんと読み進め。しかし、上巻の2/3くらいまでが辛くて辛くて。それでも読みすすめていたわけだから、引っ張るものはあったのだけれど、とにかくグロい。直接的な意味でも、間接的な意味でもグロくて、しんどかった。
 が、それを過ぎたら、ぐんと増すスピード感。決して爽快感ではないけれど、ある種のカタルシスの予感をじゅうぶんにはらみ、そしてその期待は裏切られることはなく。
 想像した通りの部分、ミスリードしまくった部分が、絶妙に入り混じっていたのも良。面白かった。
 でもやっぱり序盤から中盤は長すぎ&グロすぎ。そしてヒロインが個人的に好みから外れていて、それだけ残念だった。


冷たい校舎の時は止まる(上)
 上記作品が面白かったので、遡って受賞作。「子どもたち~」と同じくミステリだと思って読み始めたら、サスペンスというかスリラーというか超自然現象含みだったので、まずそこで戸惑ってしまった。それと、作者と同姓同名のヒロインが居るのは、ちょっと違和感かも。ミステリだったら探偵と作者が同じ名前というのは伝統的にアリアリですが、違ったから。
 そういう引っかかりを抜きにすれば、文句なしに面白かった。ただこれも、長い。序盤から中盤が長くて長くてしょうがないのは、作風と思うしか無いのか。同時に、中盤からのスパートが熱いのも。ただ、長いと言っても決して無駄に冗長なわけではなく、つまらなかったり目が滑って集中力が途切れるわけでもない。むしろ読んでいて楽しい。しかし長く感じてしまう。不思議だなあ。


アルキメデスは手を汚さない
 新装版文庫。はるか昔に読んだけれど、懐かしすぎてうっかり再読。今読むと、これがまあとにかく古い。ライトノベルではなくジュニア小説の時代というか、いやこの作品は別にそういうカテゴリでは無いけれど、登場人物の高校生たちがいろいろと古めかしくて、そっちにばかり気を取られてしまった。
 タイトルがそのまま内容に直結、ということは覚えていたけれど、その他トリックや枝葉部分はすっかり忘れていたので、新鮮に、かつ懐かしく読むという面白い体験をいたしましたですよ。


ドルイドの歌
 これも再読。シリーズものとして続刊があったことを知り、手を出す前に原書の刊行順(翻訳は前後しまくりでわけわかめになっている)で読んでみようかと。
 古代ケルトにタイムリープ(というよりはパラレルトリップ)する姉弟の物語。姉も弟もすごく「普通の人」していて、愛さずにはいられない。無愛想ツンデレ(違うだろ)なドルイドさんも辛抱たまらん。そして、青年クーフーリンが実に実に素晴らしいです。わたくしが最初にクーフーリンという名前を知ったのは、山岸涼子の「妖精王」だったわけですが、ここまで違うイメージになるのだなあと。いやまあ山岸涼子はまた独特の解釈かもですが。
 あ、なんかあほなキャラ萌えばかり書いていますが、世界の描出、タイトルにもある「歌」の仕掛けなど、美しく(それでいて気取ったところがなく)良作です。中学生くらいの時に読んだら死ぬほどハマっていただろうなあと思います。今読んでもじゅうぶんに楽しいですが。

 基本的に帰りの電車内で文庫本を読んでいます。
 児童文学系もざくざく読みたいところですが、職場の図書館は普通に閲覧する用には作られていないので、読みたいのに未だに探し当てられないタイトルがちらほら。
 彷徨うのもまた良いですが。
 ものすごーく古い本もあるので、小学校時代に読んだ本、いつも眺めていた背表紙を見つけると、なんとも言えない懐かしい、切ない気持ちになったりして。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/316-7a28ec9b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。