--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.22

寝る前に怖いマンガはやめましょう


ゆうやみ特攻隊(2)
 シリウス読んで面白そうだと思ったマンガその2(その1は「ろぼす」)。ってこの作者ナニ、連載六本かけもちってナニ。寡聞にして存じませんでしたすいません。なんかすいません。
 ……それはさておき、カバーの紹介文にもあるように、1巻半ばまでのテンションと、そこから後の空気が違いすぎ。しかし一本の作品として瓦解するには至らず、むしろギャグマンガなキャラ立てと猟奇な筋立てがどろり融和して珍味かつ美味であります。
 しかし寝る前に読むもんじゃなかった2巻。電気消せなかったよ! いや私が極度の怖がりというのもありますが、不穏な予感しかしない黒首島編導入。あーイヤ。いいイヤさだ。じき発売の3巻が楽しみであります。


クビキリサイクル
 初・西尾維新でした。なんかいろいろと覚悟して身構えて読んで、そして覚悟して身構えたことは正解だったなと思ったです。いや面白かったです。いろいろ面白かったけれど、コメントし辛いなあと。素直に面白いと思うより先に、ああこれは流行るだろうなあと身構えてしまったのは、やっぱり不正解だったかなあとか。
 でもですね。


クビシメロマンチスト
 すぐさまシリーズ二作目を手に取るあたり、やっぱり気に入ったのだろうか? とか自分に問いかけつつ。読み終えたら何とも嫌な汗をかいていました。良い意味で嫌な汗。
 中盤まではわりと軽く、ああこれはなんか意味深な会話を交わす同人とか作りやすそうとか嫌な(嫌な意味で嫌な)ことを考えたりしていたんですが、読了して、へえ。そこまでやりますか。と。
 しかし若年層がこれを受け止めてどう思うのかとか、あるいはメンヘラ系の人がこれを読んだらどうなっちゃうんだろうとか、余計なことばかり考えてしまった。
 ちなみに超個人的には絶望先生を読んだ時と同種のスイッチが入る感触がありました。名づけて絶望スイッチ。何言ってんだか。そして十代の頃にこれ読んでいたら、物凄くハマっちゃって抜け出せなくなるか、物凄く怒って壁に投げつけるか、どっちかだったろうなあと。
 ともあれ、きもちよくきもちわるい一冊でしたことよ。にんにん。


密閉教室新装版
 初・法月綸太郎でございました。
 学園が舞台だとやっぱり読みやすい。好きなのよね学園ミステリ系はやっぱり。ただ、あっという間に古くなるものであり……あるいは作者の時代感覚によって味わいが全然違ったものになるものでもあり。短く区切られた章立ては、懐かしのジュヴナイルSFを思い出しましたなんとなく。でも、随所に在るほろ苦さ、どんでんがえし、エピローグ部分は、決してジュヴナイル的ではなくて。
 感情移入できる登場人物が欲しかった。などと呟いてみる。ヘタレな読み手ですから私。


怪盗道化師(ピエロ)
 いろいろ疲れたので癒しを求めて。はやみねかおるの初期作品。教師時代に書いていたものが多数含まれていたりするのかしら。
 最終章で盗まれたモノについては、本文中ではちょっとわかりにくいのと、全体のほのぼのした雰囲気に影を落とす要因になっているので、ちょっとどうかなぁと思いましたが、それを除けば終始ハートウォーミング系。なかでも、桜の枝のエピソードが好きです。
 それにつけても挿絵が素敵すぎる。

 マンガにラノベにミステリに児童小説。なんかバラバラだけど、共通点はあれだな。読みやすいことですね!
 ……いやまあ、現代新書とかも読んでますけど。マンガ小説以外の本だと、あほな感想とか書けないから。しょうがない。うむ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/319-e691e0e9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。