--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.13

目についたら読む感じで

 図書館はいいやね。気楽に借りられて気楽に読めて気楽に投げ出せて(それはどうか)。


夏の約束
 出だしと裏表紙のあらすじでちょっと興味を持って読んでみたら、解説でびっくり。芥川賞受賞作品だったのね。
 ブンガクって真の意味でやまなしおちなしいみなし(意味はあるのか)な作品がほとんどだから、読み終わって楽しいとか嬉しいとかそういう気持ちになりにくい。もやもやが残る。と思ったけれど、この作品については、読後感はけっこう軽やかというか気持ちよかった。
 読み終えた後に、なにかじわじわっとしみてくるものがある。そのうち読み返そう、と思わせるものがある。そんな感じでした。登場人物がみんな、少しおかしくて、少し哀しくて、少し優しい、のが良いなあ。


ぼくの・稲荷山戦記
 このペンネームでも別のペンネームでも、既存作品読んだこと無し。今は別名での活動はしていないのかしらん。
 読んでいて佐藤さとるの「だれも知らない小さな国」を思い出した。あれは確か小学生の頃に読んで、わくわくどきどき、本当に楽しかった。対するこの作品、基本構造がちょっとだけ似ている気がしたのだけれど(テーマと書かれた時代が違いますが)、私が小学生の頃に読んでいたとしても、さほど楽しく思わなかっただろうな、と。「なにこれ説教くさい」と思って投げ出していたような気がする。
 大人が読むべき物語かもしれない。和風ファンタジーの妙味と苦味の双方を味わい尽くすためには。あるいは、現実のままならなさと、それでも在り続けるもの、無くさずにあるべきものに、目を向けるために。


天女湯おれん
 普通に人情噺な時代小説だと思って読み始めたら、えろーすな描写がぞろぞろ出てくるので驚いた。解説を見て納得。週刊現代連載の小説だったのか。
 まあそれはそれとして、気風のいい女主人公が素敵なのです。ちょっと万能すぎるというか理想的なヒロインすぎる気がするのは、まあご愛敬。いかにも「江戸」といった風俗の描写、台詞まわし、丁々発止のやりとりが、読んでいて気持ちよかった。主軸となる物語はわりとあっさり風味だけれど、それはそれでよし。どうでもいいけど読んでいるうちにだんだん、天女湯のメンバーが仕事人グループのように思えてきてしまった。いや良い意味で!

 ちなみに、この間に投げ出した本は二冊ほど。どちらもメフィスト賞受賞作でした……。文章がね、厳しくてね。読んでいられなかったのですよ。話そのものには興味があったんですが。
 やっぱり文章は大事。個人的な好みの意も含めて。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/329-1ce10503
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。