--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.04

やってしまった

 結局、夜通しかけて観てしまいましたよ。ガンダム00の前期。二話ほど抜けがありましたが、ネットであらすじや感想サイトを観て補完しました。
 結論。
 神谷浩史のメガネキャラは素晴らしいよね。

 ……じゃなくて。
 これはまとめ観して正解だった気がします。まとめることで一連の流れが理解しやすかったし。逆に流れから外れているエピソードの唐突さが際立ったりもしたけれど。
 マリナと刹那の絡み全般、もうちょっと自然に処理できなかったのかしらー。

 それにつけても、手描きでごりごり動くロボット戦闘って、観ていて幸せ。このご時勢に贅沢すぎて感涙ものです。
 ストーリー運びやらキャラクターの処遇やら、いろいろとアラも目立つけれど、まだ完結していない作品ということで、今後次第かと。
 第二期、期待しておきます。はい。リアルタイムで追いかけるのは辛そうだけど。

 本日の新番組めにう。

 「黒執事」は原作未読。いつだったか一巻お試し版を見かけて、立ち読みをしようとしたことはありますが、絵柄と画面のテンションについていけなくて棚に戻した遠い記憶。
 しかしアニメになると見やすいですね綺麗ですね。声優陣もなかなかハマっていて、坂本真綾のショタ声も堪能できて(ポイントはそこですよええ)よろしゅうございました。あざとすぎない程度に女性向けで、このくらいのクオリティで、気負わず観ることが出来るアニメというのは、昨今貴重じゃないかしら。
 EDも可愛かったし、質を落とさずにいてくれる限り、視聴継続かも。

 「鉄のラインバレル」は原作を6巻まで読破&所持。その後、話の行き先がまるで見えないため、続刊を買う意欲が湧かなくて。それと、主人公。こういう作品(巻き込まれて兵器に搭乗する系)は、通常わたくし、主人公少年を愛でることにしているのですが、個人的にどうしてもはまれなくて。主人公に限らずどのキャラも、感情のアップダウンが激しいというよりは、その場その場での反応や性格が場当たり的で定まらない感があって、ついていけず、なのに新キャラがどんどん登場して……というあたりで脱落。
 んでアニメの方は、設定から展開からキャラ絵から(ここまで平井絵になっているとは思わなかった)かなり原作とは離れた内容となっているようで、逆にこれなら新しい作品として入っていけるかしらーと。思ったんですが。主人公の描き方は同種っぽいよなあ。いやいや今後次第かなあ……。
 とりあえず良いゴンゾになることを淡く淡く期待して、もう何回か観てみます。

 関係ないことですが、ガンダム00を見終わった後、なんとなく数日前から観直したかった「忘却の旋律」の第一話と第二話を観ました。
 やっぱり面白いよねウン。この第一話を今期やっていたら、ネタアニメとして大ブレイクしていたかもしれんよね!
 ごめんなさい嘘ですやっぱり無理。でも、もうちょっと評価されてもいいと思うんだ……ネタ部分を差し引いても。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/343-0068f883
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。