--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.06

本命なのかしら

 新番組も残り少なく。チェックするもの自体を絞っているから、というのもあるけれど、いっときに比べてちょっと減ってますかアニメ新番組?
 それはそれでいいけど。質の向上に繋がるのなら。

 朝のホビーアニメ「ライブオン CARDLIVER 翔」。基本的に男の子向けのホビーアニメは好きなのでチェックしてみたけれど、特に見えてくるものが無かったので、来週は観ない予定。おにゃのこが学校最強っていうのはちょっといいなあと思ったけれど、デザインが可愛すぎてもやもやと。使役系+変身って設定にも、あまりそそられなかったでした。すいません。

 クオリティがいくら高くても声優が棒読みだとこんなにもアニメってこけるものなのだと再確認させてくれた「屍姫 赫」。いやあ清々しいほどの棒読みを、よくも主人公男女に据えてくれやがりましたねどんなオトナの事情ですかあるいはオカネの事情ですか。
 単なる棒読みでなくて、かつぜつ(なぜか変換できn)の悪さと鼻声を兼ね備えているなんて、最強。しかも二人とも単なる新人ではなく、アイドル系俳優なんですね。こりゃだめだわ。
 話そのものにも特に見るべきものは見つからなかったし、さようならさようなら。

 で、本命かしら。本命ですね。「機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン」。部屋に居たので、リアルタイムで観ました。

 あらやだ面白いどうしよう?

 わたくしもともと「○年後」とかに飛ぶ第二部って好みなんですよ。空白部分に妄想……もとい想像の余地が生まれるし、人が変わってしまう、変わってしまった、という描写(無論その中で「変わらない」ことも)が好き好き。
 一期ではパートが完全に乖離していた沙慈が、ここに来て主軸に座り、いろいろ大変な目に遭っているのも素晴らしい。隻眼(違)にマントというまるでどっかのクロスボーンのようなエクシアの登場も素晴らしい。ごりごり動くモビルスーツは素晴らしい。
 モビルスーツのみならず、話も動く。むしろキャラが動く。「人物」として。それぞれの立ち位置をしっかりと持って。
 正直言って、一期は、観ている自分をどこに置いて良いものやら掴みかねておりましたが、第二期はそんなこと無さそう。きっちりと、乗っていける。作品世界に。登場人物に。
 うーん楽しい。
 願わくばこの気持ちが、続きますように。裏切られることが、ありませんように。

 ああ、うん。別に裏切られても構わないけれど。
 呪うだけですから。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/345-ee83494f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。