--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.02

週末も書店めぐりとか

 何やってるんだろう、と思いつつ。最近どうもマンガ開拓に熱心っぽいわたくし。
 そして今月もいっぱい更新するのかしらブログ(誰に聞いているのか)。
 ……いっぱい更新するなら、もう少し読んだ本メモを軽く書く癖をつけなくては。


できそこないの物語(1)
 シリウスKC。表紙買いをしたという声がちらほらあるのも納得。絵本調の可愛らしい絵だけでなく、この画像には無いけれど、金色の細い帯がついているのがまた愛らしいのでございます。できそこない、魔法人形、毒の子と灯の子。キィ・ワードを並べただけで、なんだか良い雰囲気。そして、浮かんだ雰囲気そのままに、綴られゆく物語。
 あと、ものすごくどうでもいい個人的なことですが、私が昔々つくったキャラと、名前が似ているのであります……ジュジュとリィラ。縁を(勝手に)感じました。


おのぼり物語
 アフタヌーンで四コマを見かけるものの、「ふむふむ」程度で流していたのですが。これはもう何ていうか面白かった。そしてその十倍くらい身につまされた。ついでに、クライマックスがあるマンガとは思わずにへろへろ読んでいたので、最後近く、かなり意表を突かれた。
 最後に上京する時のモノローグが、素晴らしかったな、と。三回くらい、目で追いかけて読み直した。


夢幻紳士(幻想篇)
 夢幻魔実也氏と出逢ってから、思えば長い月日が過ぎました。最初に手に取ったのは怪奇編、次が確かマンガ少年版、そして冒険活劇編の途中で追いかけるのをやめて。……現在進行形で連載中とは思いもしなかったんだぜ。しかもミステリマガジンとは。美しい絵、美しい物語、堪能いたしました。覚悟して読んだのに、後味穏やか、一冊で綺麗に完結しているのにも驚き、かつ嬉しかった。


神のみぞ知るセカイ(1)
 あらあら。いつの間にか買ってました。なぜだ。どっかのレビューで見て、主人公少年がよいかんじのメガネだったからかしら。この作者、前作「アルバトロス」は雑誌で読んでいたんですが、当時「主人公が短髪だったらな……」と妄想もとい夢想していましたよそういえば。内容についてはさんざんあっちこっちで語られている通り、実に面白かったです。読み終えてすぐ二巻を探しに書店をまわって、近所のどこにも無くてちょいとじりじりするくらいには。続きものでもないのにね。基本は萌えラブコメで、通常私の守備範囲でもないのにね。

 本が散らばりすぎて、部屋が収拾つかなくなってます。
 本棚が欲しいよう。でも置く場所がないよう。
 連載中のものを買い集めると、常に取り出しやすい場所に置いておきたくなるのがまた困りもの、なのであります。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/445-c8c64859
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。