--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.19

眠気に勝てません

 まだまだ体調不良を引きずって、眠いだるい。なので今日も簡潔に行くのです。


まほろ市の殺人(春)
 ん、これ、シェアードワールドだったのですね。四季になぞらえて四冊。他三人もかなり豪華なメンバー。で、まほろ市という舞台だけを共通項に、連作中編? コンセプトは分からないでもないけれど、中編小説って、改めて打ち出すべきカテゴリなのかしら。どうなのかしら。全体にユーモラスな語り口で、読みやすかった。反面、物足りないというか、小説ではなく、推理小説でもなく、パズルの一編を見せられたような気も。なんかちょっと残念。


崖の館
 孤児シリーズをちょっと中断して(そのうち一作目からまとめて読み直そう……)こっちに手を出してみました。佐々木丸美の「館」シリーズ。ミステリ、けれどやはり極限まで叙情的。純愛。歪んだ想い。一貫してるなあと。純粋に作者の世界観を味わうには、孤児シリーズの方が良いのだろうけれど、小説としては、やっぱりミステリの体裁のこちらの方が入り込みやすいかも。いずれにせよ堪能。じっくりねっとり味わい尽くして読みました。


サイコロジカル(上) サイコロジカル(下)
 あら。あらあら。ずいぶんと普通に「ラノベ」になっちゃって……あれ? 身構えて読んだので、膝かっくん的な脱力感。いや楽しかった、面白かった。けど、こういう「燃え方」とか「萌え方」をするようなシリーズとは思っていなかったから、本音、びっくり。同時に、一抹の淋しさ。感傷を一ミリも含まない淋しさだけど。……えーと、まあ、楽しかったからいいや。この先もこうなら、さくさくっと読んでしまうか。

 あーもう眠い。
 本棚を買おうと決意したせいで、節操無く本が増えてます。最近。たがが外れた、というやつで。早く本棚早くー。本棚にみっしりと本を詰めたいー。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/464-371a1078
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。