--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.16

パラ見できる書店はいいと思うんだ

 一冊完結のコミックスを衝動買い。楽しいよね。

 世の中に、面白いマンガって、いくらでもあるんだなあ。
 などとつくづく思う最近でございます。
 知らないだけ。まだまだ、どこかにある。面白いマンガ、大好きになれるマンガが。


アンデッド(1)
 井上和郎というとサンデーを購読していた頃に「あいこら」を読んで、なんつう天然変態マンガだ、と感動したものでした。ただ変態なんじゃなく、どこか感性のずれた、危うい印象があって、そこが面白かった。で、この作品も、どこかしらずれているのが面白味。感動話でずっと埋めていくのかと思いきや、ほのぼの呑気に終わったり、ドタバタギャグタッチで終わったり。そのへんの奇妙さも含めて味わうのが本道か。


オトノハコ
 わぁ。なんだこれ。なんでこんな素敵なマンガがぁ。出逢えてよかったなぁ。合唱部……文化部ものは元からツボだし、やさしい絵柄もとても良い。それでいて部長のかっとび具合はなかなかのものだし、あるべきところには毒がちゃんとある。ついでに、男性キャラが二人ともかなり好みだったわ。やべー。Bethの休刊は残念だったな……と、購読してもいなかったくせに、思ってしまう。とりあえず作者の別作品をチェックだ。

 本日はここまで。寒すぎる。そしてイヅナやりたい……でも寒すぎる。
 お布団に入って浴びるほど本を読んで過ごしたい。って先週末はそれやってましたけど。至福であります。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/495-127f4c39
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。