--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.07

一冊完結コミック

 いわゆる「本」としてきれいにまとまったコミックスは、なにものにも変えがたいと思うわけです。
 本棚に収めた時に、各々が自己主張しすぎで、にぎやかになっちゃうのもご愛敬ですよ。


学園夢探偵獏
 ぱらぱらとめくってみて、ビビビと来た(主にメガネ少年に)ので。読み終えてまず思ったのは、表紙と帯のアオリ文句でかなり損をしているなあということ。メガネで内向的な少年も良ければ、変態で変人なおねーさんも良い。シュールな夢の描写も、なかなか素敵。お話にはサスペンス要素も有り、重さもあり、しかし時々入るギャグで重苦しくはならずに読めるという、……あれ? 褒めるところしか見つからない?
 いやいや。絵の不安定さとか、展開には時にぎこちなさが漂うとか、何よりも夢解きという少々手垢のついた素材なこととか(これは料理法が上手いので気にならなかったけれど)困った点も複数ありましたが。
 綺麗と汚いが入り混じった、登場人物の描き方。アクの強い絵。個人的にはかなり気に入りの一冊となりました。


秋葉少年
 原作は小説と知らずに手に取りまして。読む前に原作をちら見したところ、文章がいまひとつ趣味に合わなかったので、あえてコミックで読むことにしたり。
 絵と演出は好みだし、とても冴えていると思うのだけれど、肝心の話が微妙にストライクゾーンから外れていて、読み終えた後に何となく疲労感が漂ってしまった。ハッピーエンドでもないけれど、ネガティブに走るわけでもない、それでいて後味がざらついて舌に残る。
 なんだろな。気持ち良くなかった。それに尽きる。いや非常に面白くはあったのだけど。


しろいくも
 岩岡ヒサエ読破中。これが一番最初に出たコミックスかな?
 収録作品の殆どが同人誌に掲載されたものということで、やっぱりちょっと読みにくかったです。『Beth』のインタビューを見て、その自覚は作者にもあったと知り、納得。
 収録作品の中では「はなのはなし」が好き。すぐにも手折られそうでいて、連綿と受け継がれてゆくもの。なにより、可愛い。絵が本当に素敵だなぁと。
 それとやっぱり表題作の「しろいくも」。「ホッピーズベア」と併せて、商業誌掲載の二編は、こなれかたが違うのが如実にわかるのも面白い。
 死生観を命題とした作品が数多く、しかもそれぞれが独立した短編。読みにくさもあって、手放しでお薦めはできないけれど、書棚に大事に仕舞っておきたい。そんな本でした。

 今月は集めているコミックス続刊の発売ラッシュで、予算的にたいへん苦しゅうございます。十冊くらい出るんじゃないかしらかしら。既に何冊か購入済ですけれど。
 そして本棚は既にあふれ……無常也。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/519-e16a9bf9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。