--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.17

冬はお部屋で読書

 夏もお部屋で読書。春もお部屋で読書。秋も(略)
 いやしかし冬は「寒いから外に出なーい」という大義名分がありますゆえ。面白さ太鼓判の蒐集中コミックスなら、お買い物もネット通販でさっくりと。ああ極楽。


エンマ(第2巻)
 順調に第二巻。完成した定型での単発エピソードが続くけれど(作者はイレギュラーっぽいようなことを言っているが、一巻で確立した形式からはみ出しているようには見えない)読ませる力がある。個人的には最初の話が好き。少年キャラの絵的な魅力も加味で。
 物語の構造上、年嵩のキャラクターが多いのは仕方ないとして、サブキャラ等でもっと少年や少女の絵が見たいなぁと。いずれにせよ一話限りの登場人物達だから、感情移入すると辛くなるかもしれないけれど。
 それにつけてもエンマたんの微乳は正義です。


アンカサンドラ(2)
 打ち切り……なのでしょうね。全二巻で完結。
 意外と見切りが早いんだな、ライバル。コミックス二巻の分量が分岐点らしいです。絵、設定、キャラクターのかけあい等、いろいろな部分でかなりツボだったので、もう少し続いて欲しかった。終盤、一応の盛り上がりは見せてくれたので、打ち切りの淋しさはあっても不満は少ないのが、せめてもの救い。アクションは描けていたし、女の子も可愛かったし、メガネ最高だったし、またどこかで描いて欲しい(&出会いたい)漫画家さんです。


ディープグリーン(2)
 どうしたんだ一巻より数倍面白くなってる。いったいホクトでどこまで引っ張る気なんだろうとは思ったものの、磯貝の登場はなんだか心楽しくなっちゃったし、前作における「ダークグリーン」、ひいては「R-ドリーム」との関係性が示唆されはじめ、物語として訴求力が強くなっている。絵もかなり復調していて、ちゃんと目を惹かれる表情もあり。この調子で、雑なコマが減っていってくれればいいなあ。
 そして、個人的にメガネのツンデレな猫先輩がけっこうヒットしました。突然乱入の先生もかっこよかったし、いろいろと先が楽しみ。

 あっ冬の楽しみとしては、おふとんに入って読書というのが大きいな。それと私の部屋、わりと日あたりが良いので、休日の昼間は窓際でひなたぼっこしながら読書できるのも幸せです。その場合、小説が多いですが。
 とろとろと眠くなって、まどろむもまた良し。でも、気がついたら夜だった、というのがデフォになりつつあるのはどうかと思います自分。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/529-ec939587
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。