--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.12

わりとのんびり読み読み

 お品書き:「おひとり様物語」「デカガール」「僕の小規模な生活」

 燃えとか萌えではなく、一定以上の完成度のものを、ゆったりまったり読みましてよ。そんな感じのラインナップです。


おひとり様物語(1)
 各種レビューでも褒められまくり。確かに面白いし、綺麗だし、可愛いし。絵、ストーリー、演出、すべてにおいてクオリティが高い。萌え抜きで絵に惹かれてページやコマに滞在してしまうマンガは、なかなかにレア。
 でも、題名に偽り有りだよね。そこがちょっと残念。
 本当の意味での「おひとり様」は、第一話のヒロインくらい。ファーストエピソード以外はすべて、物語の柱は基本的に(薄味だったり濃味だったりするけれど)ビタースウィートな恋愛模様にあるので、期待したものとは違っていました。
 作品としての完成度はとても高く、素晴らしいと思います。けれど、個人的な趣味の問題で、苦手なマンガです。すいません。ずっと第一話みたいな作りだったら、個人的にも楽しめたんだけど。それも、一人暮らしの書店員にあんな優雅な生活が出来るだろうか、という疑問はありますが、一種の夢物語として。
 文字通りの「おひとり様」縛りは、確かにネタ出しは苦しいでしょうが、苦しんで生まれたものを読みたい、とも思うわけです。読み手の我儘。贅沢。


デカガール(1)
 Kiss+は良い雑誌だと思うのです。なかでもわりと気に入りの作品。
 女性刑事の成長もの、若干の反則技(特殊技能)有り。その技能を使っての事件の捌き方が、なかなか良いバランス。ご都合主義で解決するわけでもなく、無理に役立てるわけでもなく。
 キャラクター配置は現時点では無難に過ぎる感じなので、もう少し色彩が入ったら、かなり面白く読めそう。一巻時点でも予感はあるし、十分に楽しめますが。
 ところで、わんこにゃんこの絵が上手いのって、貴重な財産だと思います。漫画家にとって。


僕の小規模な生活(1)僕の小規模な生活(2)
 予備知識無しになんとなく手に取りまして。あまり売れてなかった(過去形。だってモーニング掲載作品なんですよねこれ)漫画家の、赤裸々日常生活エッセイマンガ、という認識でよろしいのかしら。
 妬み嫉み僻みの毒、鬱屈、痛さ。やばい。クセになる。
 そして、実体験に基づきつつノンフィクションではない、という但し書きが、とても好きです。主観、ひいてはエゴというものを、自覚的に極限まで入れ込むという、面白い手法。
 ところで漫画家志望の人がこの作品を読んだら、色々な意味で気持ちが澱んでしまうような気がするんですがどうですか。どうなんですか。

 ■本日のBGM■

 古賀政男が繋ぐ時を越えたコラボ。ルカは、可能性を手探りしている今が一番面白い。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/556-06c832e5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。