--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.15

先輩最強。

 お品書き:「少女」「ザ・ジョーカー」「過ぎ行く風はみどり色」

 体調がよろしくなくて、ベッドで本を読む日曜日。クライマックスに差し掛かったあたりから、具合の悪さを忘れていた。んああ。幸せだなぁ。
 読書は、没入する感覚を味わうのが、やっぱり好きだ。


少女
 湊かなえ、二冊目。「告白」に比べて大分読みやすい、とか、爽やかな要素もある、とか聞いて、ふんふんと読んだら、いやちょっと待ってこれやっぱり後味は良くないじゃないか!
 物語としての面白さが後味の悪さを凌駕しているから、いいっちゃいいんですが。「告白」のテイストをほぼそのまま持ってきた気がして、ちょっと残念だった。
 全体を漂う(作劇効果として、良い意味での)嫌な雰囲気、ぎくりとさせられる緊張感は、「告白」に軍配。ただし、読みやすさ、登場人物への思い入れのしやすさは、格段にこちらが上だと思います。それだけに、絡まりもつれあう全体の構図を見渡した時のやりきれない気持ちも、上回っていますが。
 しかし、すべての要素が収束する……しすぎているのは、ご都合主義との危うい線上にある気も。とりあえず、個人的には「告白」の方が作品としては好きかな。


ザ・ジョーカー
 大沢在昌、久々に読んだかも。「殺し以外のあらゆるトラブルを請け負う男」「手付け金は100万」「六本木のバーでツナギを取る」。こんなアオリを見て抱く期待に、ほぼ100%応えてくれる、ハードボイルドな短編集。ちなみに「依頼として殺しは引き受けない」だけであって「殺しをしない」わけではないので要注意。
 乾いた文章。銃、酒、苦い恋愛。うーん渋い渋い。ただ格好をつけているだけじゃなくて、主人公のジョーカーに漂う(こんな言葉でカテゴリ括るのは大変に失礼な腐視点で申し訳ないのだが!)微妙なヘタレ属性が良いんですね、うん。うむ。最後に収められたエピソードにおいて、それは顕著。過去の女絡みの事件は、こうでなくっちゃ。ねぇ?


過ぎ行く風はみどり色
 猫丸先輩シリーズ、唯一の長編。「猫丸先輩の推測」以外は、刊行順に読もうと思い、「日曜の夜は出たくない」の次のこれに手を出したわけですが。
 ああ、もったいないもったいない。読み終わっちゃってもったいない! 猫丸先輩の長編がもっと読みたいです倉知先生。頼みますよ本当に。
 丁寧に綴られる序章から、するりと話に入り込んでいける。序章で猫丸先輩にも顔出しさせるのは良い手法。その後、本格登場までが遠くて、おあずけ気分も長いけれど。
 二人の主人公の視点を相互に、語られていく本編。挿入されるインターバル。巧妙に組み上げられていく。密室殺人、降霊術殺人、スタイリッシュなまでに王道の道具立てが、あくまでも軽妙な文章で描かれ。
 ……そして乱入する猫丸先輩。ああ楽しいなあ。猫丸先輩による、いわゆる「名探偵、皆を集めて『さて』と言い」シーンは、堪能しまくり。
 ただ単に推理をひけらかすだけのシーンじゃなくて、その場で「さて」を言い出すには、切実な理由がある。そのへんが何よりも好みです。倉知淳作品の醍醐味。
 しあわせだ。読み終わってしあわせため息ついちゃうくらいしあわせだ……作者が遅筆なことは思い出さないようにすればもっとしあわせ!

 ■本日のBGM■

 アコギいいよねアコギ。冬のうちに聴いておいて欲しい一曲。詩に惚れる。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/559-c60fcf39
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。