--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.21

予定調和的に

 お品書き:「ダイヤのA (14)」「マップス愛蔵版」「少年愛の世界」

 とりとめのないラインナップ。既知の作家の作品ということで、いまひとつ新味の無いのが残念ですが、安心して読めるのも良いのよね。


ダイヤのA(14)
 薬師戦、というより雷市戦、決着。やっぱり、作者の別作品からキャラを引っ張ってくるのは、微妙な気がする。某御大の作品を引くまでもなく。
 白黒がはっきりつくトーナメント戦で、双方を引き立てることは難しいし、メイン作品がライバルを讃えるために割を食ってしまうのも、読み手にはストレスが溜まる。今後も地区予選に顔を出すのかと思うと何だかげんなりするけれど、まあ、先のことは先のこと。ともあれ、次の試合に期待。インターバルにも期待。


マップス(4)
 毎月届きます愛蔵版マップス。今回はシアンが表紙で嬉しさ三杯酢、違う三倍。収録エピソードも、ちょうどシアンと"ヒィ"のものが主。
 何度読んでもいいものはいいんだ。好きなものは好きなんだ。熱量に圧倒される、この頃のマップスでございます。絵は古いけれど、今の描き飛ばしに比べたら、全然いい。と思っていたら、巻末ゲストにまで最近の雑さをやんわりと指摘されていて、ちょっと笑ってしまった。


少年愛の世界
 久世番子の、エッセイじゃない普通のストーリーマンガは初読。発表時期そのものがそれなりに古いということを差し引いても、あんまりイマドキ風じゃないなあと。表題作の設定は細部がそれなりに面白いけれど、新鮮味は無いし(腐女子サブキャラは一応今風?)、シリアス短編の方は、良くも悪くも一昔前(私が購読していた頃)のLaLa系読みきりのかほりが。デジャヴュ。嫌いじゃない、というかむしろ好きではありますが、こういう作風。んーむ……。
 もう何作か読む予定なので、また後ほど。

 ■本日のBGM■

 あいさつさわやか底辺P。黒板.inを有効活用したPVがなんか良いのですね。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/568-18795830
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。