--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.01

「CHAOS;HEAD NOAH」プレイ記#8

 優愛ルート、クリアしました。これでキャラ個別ルートは全攻略完了!
 最後に優愛を持ってきたのは、普通に好きだからですよ。カオヘヒロインは基本的にみんな好きですが、やはりそれなりに温度差がありまして。優愛は、脳内上位グループの一角を占めているのです。
 私がCHAOS;HEADにハマったのは、アニメ序盤→体験版→アニメ中盤→PC版という流れですので、この順番の影響も多分にあると思います。



 優愛はなんだか、ゲロカエルんイメージが強い。七海と同程度に関わっているし。終盤、判ちゃんに何度も訂正を入れる姿が、可愛くも印象に残っています。ボイスを決して飛ばせないキャラのひとりでもありました。
 で、左下は冬コミ入手のゲロカエルんTシャツ。ビシィTシャツと同じく、あったかい季節になったら部屋着にする予定です。冬コミでは他にその目だれの目Tシャツもあって、一番欲しかったのですが、さくっと売り切れてしまっていたのでした。ちぇー。

 んで、優愛ルート。M属性持ちとして、たいへん楽しませていただきましたよ。
 以下ネタバレ感想。
 


 優愛ルートの入り口は、梨深と同じく、第一章、最初の妄想トリガー。ただ、梨深と違って、未選択からの出発でした。
 選択肢は割と分かりやすいほう。他のキャラとは違い、先の展開を暗示するのか、シリアスで被害妄想全開な選択肢となっておりました。正解は【NO/NO/YES/YES/YES】。

 共通ルート内での優愛視点の追加シーンは、PC版プレイ時に謎だったり疑問だったりした部分が多数解決されていて、なおかつこの先の伏線にもなっており、素晴らしいです。
 何よりも不思議だった、優愛がなぜ、どうやって西條拓巳という名を知り、疑いを持つに至ったかが完全にフォローされていて、たいへん嬉しゅうございました。

 別展開は、第八章から。個別エンディング名「月と太陽」は、いかにも双子ものって感じで、ちょいとドキドキ。どちらが月で、どちらが太陽か。考えるだけでさらにドキドキ。

 で、ヤンデレならぬヤンデルな優愛さんの魅力を、これでもかと引き出す監禁ストーリー。
 監禁いいよね! するのもされるのも浪漫だよね!(誰に同意を求めているのかと)
 ……明日は明太子パスタを食べよう。うん。

 文字通り密室だけで物語が展開し、進み、他ルートというか「世界」とのリンクがぶった切られたストーリーになっていることには、けっこうびっくりしました。
 ラストまで行っても、結局、ニュージェネ事件その他何にも解決していないし。そのくせ、例によってノアIIは起動しているし。やべえ。これやべえ。世界終わる。でもそんなこと気にせず自分達の道(ルート)を突っ走る、これこそ個別ルートの醍醐味也。
 けれどこれ……ヒロイン個別ルートで唯一、メインのAAルートに影を落としてしまう内容じゃないでしょうか? Xbox360版のAAルートは未プレイなので、フォローが入っている可能性も無きにしも非ずですが。

 そういう意味で複雑な気分にはなったけれど、個別ルートとしての出来はなかなかのもの。ちゃんとラブラブっぽい予感をはらんで終わるし。
 ここまでの他ヒロインの展開と比較して、タクさんのヘタレっぷりが自然というかむしろ常識的に見えるあたり、たいへん好みです。覚醒とまでは行かず、でもきっと「なにか」を為した、コーネリアスタワー屋上でのラストシーン。どもったままに、ぶっきらぼうに、けれど結果的に優愛(美愛)を救っている。んー。名場面です。

 ……ありゃ。キスシーンなかったな。流石優愛さん、鉄壁の貞操。

 ともあれ、堪能しました。ヒロイン個別ルート。最後に気に入りキャラを置いといて正解。

 次はBルート、そしてやっとAAルートか。長かったなあ。
 クリアしたら、各ヒロイン個別ルートについて、まとめようかなと思っています。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/586-e2446745
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。