--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.03

相変わらずマンガ漬け

 素敵に週末です。今週はなんだか長かった。仕事が暇で暇でしょうがなくて死ぬかと思った。すいません贅沢言ってすいません。というか、こんなんでお給料貰っていいんだろうか。

 週末は楽しくインドア生活しますおー。
 ゲームやって本読んでアニメ新番組チェックしてー。
 この更新が終わったら、まずは11eyesを一周。そう心に決めつつ。


ベイビーステップ(1):楽天ブックス
 スポーツマンガだらけのマガジンの中にあって、なんだか健闘しているなあ。と思えたので、1巻から6巻まで既刊を読破。
 や、これは面白かった。地味な主人公が地味に頑張るあたり、ツボ。ノートかきかき、ツボ。両親へのプレゼン、ものすごくツボ。
 女の子も出番は少ないけどしっかり可愛いし、良いではないか良いではないか。怜悧だけれど冷徹ではないスポーツマンガの主人公、というのも、着眼点として面白いわあ。
 それにしても、マガジンのスポーツマンガって、スタンダードな学校の部活ものが少ないよな。と、今さら気がついてみる。編集長がスポーツもの好きだからスポーツものだらけになっているという噂を聞きましたが、本当かしらね。インタビューとか見る限り、本当っぽいよね。


前夜祭:楽天ブックス
 小田扉、初めて読みました。
 これは素敵なシュールさ。妙な間、妙な空気、妙なキャラクター造形。
 前夜祭という題材からリリカルなものを想像したら、泥祭りってのがまず尋常じゃないし、キャラクターの人間関係やかけあいの作り方がさらに尋常じゃない。
 常にもやもやする、胸に溜まる感じが、なんとも言えなかった。
 同時収録の読みきり群も、一筋縄ではいかないものばかり。とりあえず、掲載誌が主にモーニング・ツーというのは、とっても納得です。


スタジオ秘密基地劇場(2)
 とりあえず、完結。MEANといい、ヒーロークロスラインにとって、マガジンZの休刊は痛かっただろうなあ。
 力技なクライマックスでもって、ラストバトルも盛り上げて、きっちり大団円に仕上げてあるあたりはさすが。でも、やっぱり、もったいないなー。この懐かしくもスラップスティックなノリを、もう少し見ていたかった。
 ヒーロークロスラインという試み自体については、それなりに楽しみつつ、若干懐疑的でもありました。なにしろこの企画、読み手としてシリーズ全体を追いかけるのは大変だし、かといって追わなければ思わせぶりな伏線や唐突に現れる重要キャラ・重要事項に苛立つし。
 個人的には年表が予め発表されていることにより、予定調和的な空しさを感じてしまうたちなので、あまりのめりこめなかった、というのもあり。
 でもこういうのは、やってみることに意義があると思うのよ。継続する作品には、頑張って欲しい。

 ■本日のBGM■

 歌ってみた動画のお気に入り。元曲も素晴らしければ歌い手も素晴らしいという幸せな。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/629-d20a3d14
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。