--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.06

「メモリーズオフ デュエット」#4

 なんだかんだ言って、ひととおりプレイしそうな勢い。
 そんな「メモリーズオフ 2nd」です。
 GW最終日は、これプレイして、疲れたら本読んで、眠くなったら寝て……で、気がつけば終わっていました。
 とりあえず、GWが終わってほっとした。連休は、始まってしまえばすぐに終わるものだから、お休み突入後はひたすら憂鬱でした。なんか、なんだろうな。後ろ向きだよな。と自分でも思いますが。

 それはともかく、ええと、希エンド三種と、静流グッドエンド・バッドエンド見ました。
 希エンドは、正直ぽかーん。口開けてぽかーん。なんじゃこのオチは。何か別の展開もあるのかな、と、思わずクイックロードして何度もやり直し。で、三番目のエンドも見て。
 ……いや、これは無いわー。おかしいだろ。
 まあつまんなくはなかったし、けっこうドキドキしたし、希は可愛かったしで、楽しんだことは確かですが。しかし、いろいろと疑う。こういう決着をつけた神経を疑う。

 静流ルートは、姉妹ちうことでどんだけ泥沼になるんだろうと期待していたのですが、思ったほどじゃなかったかなー。というか巴ルートの方が修羅場らしい修羅場だった……。
 お菓子がおいしそーでした。エンディングが幸せにおいしそーでした。過去のほたるとのエピソードは、結構良いところを突いていて、ふんふんと。
 そして、バッドエンドの方が味があって好きです。

 これで攻略キャラは半分クリアしたわけで、ちょいと情報収集してみたら、メモオフシリーズ中でも、2ndはほぼ最高峰と言われているのね。道理で。
 切ない系がちょっと絡む、三角関係の恋愛ものとして、全体にとても出来の良いシナリオだと思います。普段こういう系統にあまり興味の無い私でも、ついつい先が気になって、プレイしてしまう。
 心の綾が綺麗に描かれすぎているきらいはありますが、とにかく丁寧で、描写も誠実。主人公の心変わりも、それなりに無理なく受け止められる。
 とは言え、こんな調子じゃ、またすぐに別のおにゃのこにフラフラしそうだよな。とも思いますが。

 うーん、困った。面白いや。
 どれだけ面白く感じているかというに、ほたるルートを最後に取っておいて、大団円にしよう。としているくらい。
 つまりは、全キャラコンプする気になっている。わけです。まあ、CG全回収とか、分岐全回収はしないだろうけれど。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/667-3d3f68a2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。