--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.07

通常営業

 お品書き:「Dear monkey西遊記(1)~(6)」「パンプキン・シザーズ(11)」「BOOTSの山田さん」

 やっぱり仕事行ってる日の方が更新意欲も湧くというか、ペースが作れる。
 昼休みや通勤時が読書タイムなので、メモ書くネタが作れる、というのもありますが。


Dear monkey西遊記(6):楽天ブックス
 全6巻、読破済。シリウスの過去掲載作品。評判が良い&シリウス本誌での新連載が(原作つきながら)面白いので、手を出してみました。
 絵にだいぶ癖があって、ことに女の子の描き方は好悪分かれそう。個人的には、このむっちりロリはちょっと勘弁……なんだけど、読んでいるうちにそんなことは全然気にならなくなり。物語そのものの面白さ、絵と演出の持つ強力すぎる「マンガ」としてのパワー。熱い少年マンガのお手本のような、それでいて手垢のついていない、稀有な作品。
 終盤はそこかしこで言われている通り、確かに打ち切りを思わせる駆け足展開ではあるけれど、それを補って余りある盛り上がりで、一気読みする分にはさほど違和感もなかった。
 ただ、このキャラクター達と、もう少し付き合っていたかったという点においては、一抹の淋しさを。とまれ、佳作。


パンプキン・シザーズ(11):楽天ブックス
 発売日に購入しつつも、せっかくだから前巻を読み返してからにしようと思っていたら、ずるずると後回しに。いや楽しみで、大好きな作品なんですが、こういうこともあるやね。
 とりあえず、いろいろと最高でした。この作品における根源的な問い……人はなぜ人を殺すのか、殺してはならないのか、ということと、戦災復興とは何なのか、ということ。そのふたつに、迷いながら、道の途中ながら、答えを出していく主人公二人に、ただひたすら敬意を表するのみ。
 そんでもって……えーと、アベルいい眼鏡ですね。久々にこんなイイ性格のいい眼鏡を見た。素晴らしい。


BOOTSの山田さん:楽天ブックス
 ヒーロークロスラインの一作品。一冊完結は、やっぱり、マガジンZ休刊&ヒーロークロスライン休止の影響なんだろうなあ。
 42歳日雇い派遣、人生バッドエンドまであと0.5秒。そんな主人公を据えるって、なんか凄いですよ! まあご都合主義な展開で若返って、しかも不死能力まで手に入れちゃうわけですが、羨ましいとかずるいとか思うよりも、大変だなあというしみじみした気持ちが先に立つあたりがうまい作り。きっかけがホームレス狩りに遭って全身火だるまにされたせいとか、変身解除のために毎回頭を撃ち抜かれるとか、どんだけですか。しかしノリはあくまでコメディちっくに。いやらしさの無いお色気を挟みつつ。
 そのへんと、どこか懐かしいテイスト含めて、なかなか好みの作品。かえすがえすも、一冊完結が惜しい……。

 ■本日のBGM■

 Excelで作図し、ペイントでjpgに変換しての、実質パラパラマンガだとか。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/668-3d5ae13f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。