--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.12

ミステリの敷居

 お品書き:「男爵最後の事件」「紙魚家崩壊」「完全犯罪に猫は何匹必要か?」

 ミステリは良く読むし、好きなんだけれど、でもミステリファンかと言われると決してそうではない。と自覚しているわたくしです。
 壁を作っているわけではなく、その資格が無い、と。事件やトリックそのものよりも、右往左往する探偵や周辺の人物にときめきつつ読んでしまうわけですし。


男爵最後の事件:楽天ブックス
 私は太田忠司という作家が昔から本当に好きで。それは多分誠実な文章、誠実な登場人物、誠実な仕掛け。それらに立脚して語られる物語世界の心地良さによるものなのだと思う。
 そんな心地良い世界のひとつ、霞田兄妹シリーズが、これで完結。
 正直、他シリーズと比べて、さほど思い入れは無かったのだけれど(一番の気に入りは狩野俊介、次が藤森涼子)、終わるとなると淋しいもの。熱血漢で、文字通り兄よりずっと男前な千鶴が、そのストレートな言動は時に気恥ずかしくも感じられるものの、とても好きでした。
 しかし、霞田兄妹シリーズの完結巻というよりは、男爵シリーズ(いや「悲劇」もしくは「色」シリーズなんだろうけれど)の完結巻。結局、男爵がおいしいところをすべて取っていくのかと思いきや、筋はきっちり通されるあたりが、良くも悪くも作者の味。
 少々食い足りなくはあったものの、長年のファンは思わずニヨニヨしてしまうエンディングは、嬉しい贈り物でした。ありがとう。お疲れ様。作者と、登場人物たちに。


紙魚家崩壊:楽天ブックス
 久しぶりに北村薫。
 なんだかずいぶんとまとまりのない短編集で、あれあれ? と思いつつ読了。
 冒頭の話で、ああ、ちょっとサイコスリラー入った、そういう意味で「謎」に満ちたミステリーなのか、と思ったら、メタミステリやらエッセイ風味やら、いつもの日常の謎ものと見せかけて意地悪な引っ掛けありの掌編やら、なんだか一筋縄では行かない感じの作品群でした。そのバラエティ含めて面白くはあるけれど、少し疲れたかな。


完全犯罪に猫は何匹必要か?:楽天ブックス
 烏賊川市シリーズ第三弾。タイトル通り、猫が……というより、招き猫がメインモチーフ。
 相変わらずの飄々とした味、ボケとボケがかけあわされて大ボケへと育つ良い意味で緩い雰囲気、それでいてきちんと組み立てられたトリック。私は基本的にトリック重視で殺人の意味の軽い推理小説は好かないのだけれど、このシリーズについては、何だか許せてしまう不思議。
 でもって、今回は「さて」を言う役が交替しつつ、互いにおいしいところを補い合うのも、探偵(推理)役ダブルキャストものとして正しい姿。


 みんなちがって~みんなだめ~。なんて素敵に傷口ゴリゴリ。ISOP氏さいこうです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/674-04aa2fde
この記事へのトラックバック
回転寿司チェーンを経営する資産家・豪徳寺豊蔵が殺された。犯行現場は自宅のビニールハウス。そこでは、十年前にも迷宮入りの殺人事件が起こっていた…。豊蔵に飼い猫の捜索を依頼されていた探偵・鵜飼杜夫と...
完全犯罪に猫は何匹必要か?東川篤哉 | 粋な提案 at 2010.11.30 17:29
この記事へのコメント
なんだかこの人の書くお話は、殺人事件だというのに
最後に「めでたし、めでたし」とつけたくなるのは人柄でしょうか。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
Posted by 藍色 at 2010.11.30 17:41 | 編集
不思議ですよね。独特の緩い空気感。
いわゆる「愛すべきバカミス」である、というのも
だいぶ手伝っているのかも?
TBいつもありがとうございます。
Posted by ちき at 2010.12.02 01:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。