--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.01

なぜ逃す

 あー。
 一挙放映の第五話だけ録画失敗して、しにそうな気分です。
 なんでだー。あーあーあーあーあー。

 んで、観て来ました。ヱヴァンゲリヲン新劇場版「破」。あるいは「EVANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」。
 公開日に行く元気は無く、たまたま7/2に有休を取ることになったので、じゃあ7/1の映画の日を狙って、仕事帰りにでも行くかー。と。
 ある程度早めに観ておかないと、いつどこでネタバレを喰らうか、わかったものじゃないし。私の場合、卓上実況スレに出入りしているので、そこで話題に上がることが多くて、ビクビクしていました公開からの数日。
 実際、シンジについて、かなりのネタバレを喰らいました。いやネタバレだと思わなければネタバレじゃないのかもしれないけれど、少なくともそれを知ったせいで、クライマックスの展開がある程度読めてしまった。
 いいんだけど。おかげで、さくっと観に行く原動力にもなったので。

 前作「序」と同じく、近所のシネコンです。初日の初回上映だった前回と比べるとだいぶ落ち着いた雰囲気ではありましたが、リピーターなのか、がやがやと考察を述べる人が居たりしたのは、まあご愛敬。
 実際私も、帰ってすぐにPC立ち上げてWikipediaの記事を読み漁ったり(凄まじいネタバレっぷりに驚いた。「破」を観る前に見なくて良かった)、2chのエヴァ板をあちこちROMしまくったり(好きたまスレで沢山の自分を発見)、翌日にはシ者を打ちに行ったり(……え?)してしまったし。
 そういえば私、ビデオ版って観てないよな。と、今さらながら。TV版と比べて結構違いがあるようなので、そのうち観たいです。欲しいです。まんまと乗せられてます。

 ともあれ、ネタバレ無し、所感など。

 事前情報はほぼ入れずに観に行ったので、マリの声が坂本真綾だということに、スタッフロールで名前を確認するまで気づかなかったですよ……! あほだ。
 でもだいぶ「いつもの真綾」じゃない真綾だったと思うです。気づかなかったのもそのせいです。うん。
 マリについては、現時点で個人的にはあまり興味を抱けない(萌え的な意味で。)し、他のキャラの見せ場を取ってしまったという印象が最初に来てしまいますが、それでも不快に思うということはなく、なんというかニクメナイン服用済みたいな。面白いキャラだなぁと。
 んでもって、三百六十五歩のマーチは素晴らしかったです。

 アスカさん素敵でした。登場時の格好良さったら。弐号機が格好良くてため息ついちゃう日が来るとは思ってもいなかった。
 日常シーンでは、やべえこのアスカ可愛いやべえ、と頭の中でリフレイン。どうしたアスカ、健気属性まで身につけるとは。
 いろいろ不遇すぎで、キャラクターとしてのアスカさんに同情すると同時に、旧作の惣流さんファンの皆様の気持ちを考えたら背筋が冷える思い。
 それでもやっぱり、素敵でしたよアスカさん。ことに同性キャラ、ミサトやレイとの関わりかたが、何とも良かった。このアスカなら友達になりたい。

 カヲル君カヲル君、あなたはなぜそうやって要所要所美味しいところをつまんでいくの。不意打ちでスクリーンに登場するとびっくりしますから、やめてください。否やめないで。

 加持さん加持さん、あなたはなぜそんなにもムッツリなの。いや違うって何を言っているのかわたくしは。序盤のマリとの会話が面白かった。興味深い、という意味で。
 加持は基本的にブレの少ないキャラなので、余計にミサトやゲンドウの旧作との違いが浮き彫りになる感じ。とどのつまり、「序」でも思ったけれど、取り巻く大人の描き方が一番の違いなんだなあと。

 シンジとレイについては多分冷静になるのに時間がかかる&何を書いてもネタバレになりそうなので割愛。
 しかし、幾度めかのはっきりとした自覚ですが、私、本当にシンジ好きなんだなあ。困ったもんだなあ。おかげで「破」は終始息を詰めて見守る、といった態に。

 戦闘シーンはすべて燃え燃えでした。サハ(とは呼ばれないけれど)戦が個人的には一番の気に入り。疾走するエヴァ三体。初号機。三体での作戦、最高。ああ最高。
 全体にCGのCGっぽさが上がってしまっているのは残念だけれど、鼻につくほどでも無いかな、と。

 そうそう。
 クライマックスで、無音になった時、館内が文字通り針の落ちる音さえも聞こえそうなほど静まり返っていて、うっかり笑いそうになったのは秘密だ。
 凄い集中力です。皆さん。
 スタッフロールで立つ人間が1%も居なかったのも、普通の映画じゃ無いことだよなあ。
 460人収容のスクリーン。当然、満席でした。

 ところで、次作「急」が「Q」って何ぞそれー。観に行く前にちらっと目にした時は、2chだったので(しかもなん実V)当て字で書いてるだけかと思ったら、本当に「Q」って、あーた。

 あー。おもしれー。次が楽しみだ。でも怖い。でも楽しみだ。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/731-84d2be59
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。