--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.03

久しぶりに金曜ロードショー

 ヱヴァンゲリヲン新劇場版「序」。

 あんまり「TVで映画を観る」ことが好きでは無いのです。CMのたびに集中を途切れさせられるのがイヤン。
 でもこれは、まあ、その。
 録画しつつ観るという、なんだか久々なことをしてしまいました。

 DVDの1.01をベースに、TV用に新たな編集を、とか何とか、うまい宣伝だぜー。
 しかし実際にはどこがTV用だったって、OPの映像にクレジットを紛れ込ませたこと、宇多田ヒカルによる主題歌(&スタッフロール)をカットしたこと、現在公開中の「破」の予告映像が公開中の映像を使ったものに差し替えられていたこと、だけだそうで。
 まあそんなところだろうとは思ったけれど。

 とりあえずDVDは未購入なので(どうせならBDで欲しいし、そうするとレコを頑張って買わなければ。という段階だし今は)手元にソフトとして残せるのは嬉しいです。いやまあ地上波アナログだけどな!
 買いますよ。いつか。BDレコーダ購入したら。細かなバージョン違いとか出されそうで、いつ買うかが問題ですが。

 で、あらためて「序」を観ると、「破」がいかに「破」であったかを実感してしまう。というか「序」はあまりにも既知の場面が既知のシチュエーションで展開されることが多すぎて、MADにしか見えないというとあるブログでの感想に、かなり同意なのです。実際、公開当時に映画館で観ていても、そのせいでなかなか集中出来なかったし。
 しかしラミエル登場後はテンション急上昇。ああラミエルかわいいよラミエル。ヤシマ作戦だいすきです。

 んで、「破」の感想の時に書き漏らしていたことを思い出したり。
 観ていて何よりも楽しく、嬉しかったのは、まっとうに作られた「エヴァ」を観ている自分がここに居るということ。リアルタイムで、映画館で、今という時代に、新作のエヴァを観る。観ることが出来る。その幸せたるや。

 やっぱりもう一回、観に行こうかな。「破」。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/733-fe9c8c48
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。