--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.24

一行で済ませたい

 お品書き:「卒業」「サスツルギの亡霊」「マミちゃん(仮名)ばかりが、なぜモテる?」

 あんまり書くこともないなあ。っていうね。


卒業:楽天ブックス
 東野圭吾。シリーズものの最初の一冊らしいので、読んでみた。のだけれど、どうやらシリーズでも異色の作品っぽい。とりあえず、さすがに時代が古すぎて、読みにくかった。それとアマゾンレビューなんかでも散々言われているけれど、タイトルの由来でもある第二のトリックがわかりにくすぎて、もう最初から考えることを放棄したり。
 ……一応、あと何冊かは読みます。主人公同一のシリーズ。


サスツルギの亡霊:楽天ブックス
 南極を舞台としたミステリ。なんだかとても映画的な描写とシーンの積み重ねで、あんまり小説を読んでいるという気がしなかったり。舞台以外は物語もキャラもわりと淡々としていて、いまひとつ切迫、緊迫具合が伝わってこなかった。誰に感情移入して読めばいいのか分からない系。兄の死の謎を解く、ということで兄弟属性に期待したんだけど。残念無念。


マミちゃん(仮名)ばかりが、なぜモテる?:楽天ブックス
 なんか珍しくこんなものを。ぱらぱらと手にとってみたら、さらさらと読めちゃいそうだったので。んで、さらさらと読めました。内容については新味があるわけでもなく、不快になるほどでもなく、時間潰しにはいいんじゃないでしょうかという印象。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/817-21740902
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。