--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.13

シリウスはやはり好み

 お品書き:「まじもじるるも(4)」「NECROMANCER(1)」「それではさっそくBuonappetito!」

 シリウスの連載、いくつ追いかけてるんだろう。どんだけ好きなんだろう。風前の灯っぽい……のに……。


まじもじるるも(4):楽天ブックス
 るるもの可愛さは相変わらず。最後に置かれたエピソードでのワンピース姿には心臓ズギュンですよええ。毎度のことながら、コミックス時の効果を考えて構成しているであろうことに感心してしまう。
 新キャラのハルリリは可愛かった。いぢわるキャラと見せかけて寸前に絶妙なデレを見せるという、まあ何というか素晴らしい。佳き世界、佳き人々であります。
 そんな中にあって、チロのちょっと切ないエピソードが、光ったりもする。毎巻、読み終えて充実感があるのは、良いことです。


NECROMANCER(1):楽天ブックス
 シリウスでさらっと流し読みだけしていたのだけれど、装丁がなかなか綺麗で凝っていたので、思わず手に取りました。しかしこの写真だと分かり難いのが残念。
 基本的には、死者をよみがえらせるよ!→でも結局は因果応報、ハッピーエンドにはならないんだよ! という、ありがちなパターンを踏襲しているのだけれど、どのエピソードもさほど後味は悪くなくて、読みやすい。癖のある絵柄や、主人公のキャラの立て方など、ハマれたらけっこう楽しめる作品かも。チョコレート好きに悪い人は居ないよね。ね。


それではさっそくBuonappetito!:楽天ブックス
 エッセイコミック時々レシピ。そんな感じ。充実して読みやすく、レシピも実用的で、良い本なんだろうとは思う。けれど、個人的に、登場人物(実在の人物だよね?)の崩し方が、絵的にも演出的にもどうにも好きになれなくて、読み通すのが苦痛だった……「合わない」んだな。完全に。残念です。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/835-3a638a33
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。