--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.09

リプレイは読み専

 お品書き:「君といるセカイ」「アリアンロッド・サガ・リプレイ・アクロス(3)漆黒の刃、黄金の牙」「ダブルクロスthe 3rd editionリプレイ・ジェネシス(2)日常のボーダーライン」

 昔はTRPGやっていたこともありましたが。今は基本的にリプレイ読み専で、それはそれで淋しい。しょうがないけど。ところでリプレイ本、タイトルが長すぎなんですがどうにかしてください。


君といるセカイ:楽天ブックス
 アルシャードガイアのリプレイ。表紙を見るとどこのギャルゲーだ、と思うけれど(全員同一存在みたいなものなので同じ顔なのは置いとくとして)WEBでの連載時はどこの乙女ゲーだ、と思っておりました……。
 PvPの要素を取り入れるということで、どうなるものかと読んでみたけれど、こういう形で取り入れてくるとは予想外。この仕掛けのおかげで、NPCヒロインへの、各プレイヤーの思い入れも生まれているあたり、凄く上手いなあと感心しきり。キャラクターは魅力的、ルール説明は最小限にして明快、文章は平易で読みやすく。リプレイという読み物そのものの入門の一冊にも適しているんじゃないでしょうか。
 とりあえず個人的には、夷神瞬が果てしなくツボすぎるキャラで、読んでて死にそうになりました。黒髪メガネ、腹黒のようでヘタレ、生徒会長。基本クラスがブラックマジシャンとか、固有ヒロインがどじっこメガネとか、どこからどこまでもツボ。ああ、久々に、実に良いメガネを堪能しました……中の人はきくたけだけどな。


アリアンロッド・サガ・リプレイ・アクロス(3):楽天ブックス
 ゲーム内時間で一年が過ぎての再会から始まった今巻。新しい展開というよりは、以前までの物語と次巻からの物語を繋ぐ、ターニングポイントのような感じでした。ともあれ、いっときは違う道へと踏み出した仲間が再度集結するというお約束を、ルールで再現してゲーム内に組み込んでいるあたり、なかなか面白かったです。二話目は二話目で、また別のベクトルでお約束なシチュエーション(爆弾解体)の再現をしていて、これまた興味深く。キャラの魅力も充分で、安心して読めるシリーズでございます。そしてエルザ、というか吉村さんの世界設定の読み込みっぷりに、敬意を。


ダブルクロスthe 3rd editionリプレイ・ジェネシス(2):楽天ブックス
 椿の登場にうっかりときめいたりする、未だにオリジンが大好きなわたくしでありました。お話は今回も王道なダブルクロスをやっていて、普通に楽しめるけれど、同時にちょっと物足りなさを感じたりもする。
 それを払拭してくれるのが神月正義先生だったりするわけですが。キャラの味付けのためにイージーエフェクトを取りまくって、それで遊び……というより演出にきちんと繋がって、なおかつ楽しそう。素晴らしい。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/901-b2631b20
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。