2010.01.11

さっさかさー

 お品書き:「ひろよん」「影のイゾルデ」「ルシフェル」

 フシギナジュモン、サッサカサー。
 いや、自分のテンションが上がらないので、とにかく更新しちゃえーという。


ひろよん:楽天ブックス
 ヒーロークロスライン全作品集合の四コマ集。山ほどストックキャラが居る状態で描いているわけで、そうすると、各キャラの基本ネタを一周やればOKとも言えるし、逆にパターン化してしまうとも言えるわけで。
 とりあえず、全作品・全キャラを知っているわけでもない、覚えているわけでもない人間が読むと、ほぼ意味が通じないという、ある種究極的に読み手を選ぶ一冊。私は……まあ、半分くらいは……。
 各作品の作者によるゲストページがとっても豪勢なので、それだけでも嬉しい本ではあります。


影のイゾルデ:楽天ブックス
 なんだか懐かしい気がして、読んでみた。いやぁこれって何に載ってたんだっけ……古き良き時代のホラー少女マンガの王道、しかしどこか上品で、純愛物語でもあり。ラストの後味の悪さは、小さい頃に読んでいたらトラウマになっていたと思うんだけど、全体的な品の良さで、さほどに感じなかったのか、はたまた幼すぎてこのどろどろした感情が理解できなかったのか。いずれにせよ新鮮に読めたし、面白うございました。


ルシフェル:楽天ブックス
ルシフェル2:楽天ブックス
 なんとなく、なつかしめの少女マンガホラーの流れで。電車の中で読んでいたら、けっこう、というかかなり際どいシーンが多くて、ちょっと焦った。
 悪魔のような男、と思ったらほんとに悪魔でした! ってなんじゃそれーな感じですが。逆に普通の人間だった方が怖かったんじゃないか、とも思ったり。続編はなにやら対決もの風味になっていて(しかしこれ続きは出るんだろうか?)なんともコメントに困る……。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/933-ee0186f6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する