--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.10

ちきゅうにやさしくない

 お品書き:「一角獣幻想」「嘘をもうひとつだけ」「闇の底」

 電磁波を浴びつつ本を読む。何やってんだか。しかしサミタやりながらの読書とか、なんつーか贅沢な気持ちになってしまうのです。おうちだいすき。


一角獣幻想:楽天ブックス
 ホラーというよりオカルトというより、幻想小説集と呼びたい一冊でありました。
 カバー見返しの著者コメントを読んで、覚悟を決めて読んだけれど、いやあどの話もステキに救いが無い。けれど、そういうものと知って読み進めるならば、残酷な雰囲気、物語に浸って楽しめて、しかも短編なのであとに引きずるものも無く、逆にさっぱり楽しめるというか。
 しかし、裏表紙の作品紹介。何でもかんでもミステリとつけるのはやめていただきたい。ホラーとオカルトとスリラーをまぜこぜにするのはしょうがないとしても、ミステリは違うでしょミステリは。
 それと表紙が大失敗。もっと象徴的なイラストにすべきだと思います。表紙で損しすぎだ。


嘘をもうひとつだけ:楽天ブックス
 加賀恭一郎シリーズ、短編集。
 基本的に犯人視点から物語が進み、ある箇所から加賀が登場して、犯人(=主人公もしくはその近親)を追い詰めていく、という構成。ゆえに読んでいて若干息苦しくなることもしばしば。たいていの場合、なにかしらやるせない理由があって殺人に踏み切っているのも、苦い後味を残す。
 最後のエピソードだけ、若干構成が違うけれど、これもまた別種のやるせなさの演出であり。嫌いじゃないけれど、最後くらい、気分よく読み終えたかったなあと思わないでもない。甘ちゃんなわたくしです。


闇の底:楽天ブックス
 ううむ。「天使のナイフ」「虚無」はだいぶ面白かったのですが、これはどうも今ひとつのめり込んで読めなかった。
 物語の開始時を、複数の視点から展開させており、そのうち二つは刑事のもので、登場人物含めどっちがどっち、誰が誰だか、混乱してしまった。あるいは時制トリックかと思って、気を張って読んだ分も、マイナスに作用したのかも。
 決着のつけかたも、某映画を思い出してしまったりして……。これを一冊目に読んでいたら、二冊目以降を読んでいたかどうか。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/965-cf1e81b9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。