--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.13

そこはかとなく黄色

 お品書き:「生き残る技術」「脳の中の「わたし」」

 たまにはフィクション以外も読むさ。
 しかし、読んだかどうだか忘れてしまうという意味では、フィクションよりも読書メモを残しておくべきかもしれませぬ。


生き残る技術:楽天ブックス
 クライマーの生存術をビジネスに応用、って随分と強引な引っ張り方だなあと思いつつぱらぱらと読んでみたら、基本的には心の持ちよう、心の鍛え方に絞った内容で、なるほど納得。
 精神論とリーダーシップ論は、山でも地上でも普遍的に通用するよね、確かに。極限状態の意味はだいぶ違うけれど。
 字も大きくて、さらさら読めて、パラ見でも印象的な一文が目に止まったりする、けっこうキャッチーな本。個人的に、反省は十分、しかし敗因の分析は徹底せよ、という論がなかなか面白かった。


脳の中の「わたし」:楽天ブックス
 絵本のようにカラフルでイラストいっぱい、しかし内容は濃い。脳科学のさわりのおいしいところを、おいしく切り取って並べられているような印象。脳科学というか、自我の在り処という、まだまだ探りどころいっぱいのジャンルだけに、読んでいて刺激的でもあります。ただ、並行して読んでいる本と、実験や論文の引用が丸かぶりしていて、一瞬どっちがどっちだか分からなくなったり。そんなに狭いものなのかなー。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/968-a0523d66
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。