--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.05

一巻たち

 お品書き:「路地恋花(1)」「夏の前日(1)」「僕の後ろに魔女がいる(1)」

 はじめましてこんにちは。これから長いおつきあいが出来るでしょうか。お見合い気分で手に取る、第一巻。


路地恋花(1):楽天ブックス
 京都弁が心地良い。基本的に関西弁が苦手なわたくしですが、これはアリアリ。
 連作短編集で、ものつくり長屋というつながりが、うまいなあと。一編一編は独立しつつ、次の話のメインを張るキャラクターの顔見せもしておくあたりも、そつがなく。
 タイトルどおり、基本的にやわらかな雰囲気の恋物語で、後味よろし、一編ごとのキリもよし。一作ごとに参考文献をきっちりあげているあたりも、真摯な姿勢が見えて好感度高し。佳作。


夏の前日(1):楽天ブックス
 作者の過去作は知りませぬ。単体として読んで、普通に面白かったけれど、定まった未来が発表済と聞いて、ちょっと意欲が無くなったりして。
 個人的な好みとして、「過去」を描く作品は興味が持てないのです、はい。それを差っ引けば、初々しさと倦怠感、生々しさとファンタジーがほどよく同居した、読みでのある恋愛話。繊細でいながら地に足のついた印象を持つ絵柄の魅力もとても大きい。ことに人物の笑顔が、ほんとに可愛くて魅力的。ときおり見惚れます。


僕の後ろに魔女がいる(1):楽天ブックス
 シリウスでたまにパラパラ見ていた作品。で、そのときの印象と、まとめて読んだ今回の印象は、ほぼ同じ。設定に思い違いや齟齬もなく。これは、ショートストーリーとしてなかなか出来た作品ゆえ、かしら。
 雑誌のどこかに載っていて、ふと見て、さらっと読める。可愛いけどおどろ怖くて迷惑な魔女っこに振り回される少年。さっくり一行で説明出来るのも、美点なんじゃないかと。
この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/988-300ca478
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。