--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.07

殺伐とほのぼの

 お品書き:「踊るジョーカー」「玄武塔事件」「幻人ダンテ」

 ミステリがいっぱい。ミステリ風もいっぱい。最近そういうのばっかり読んでいて、たまにはSFやらファンタジーやらも読みたくなります。って結局ジャンル小説なのねそうなのね。


踊るジョーカー
 北山猛邦の、現代ものを一冊。いやあ、これが思った以上にツボだった。そうですよ。引きこもり探偵を名乗るなら、これくらいのキャラクターでないと駄目ですよ。気弱、軟弱、惰弱、とにかく「弱」。おうち大好き。しかし「名探偵」。うむ、素晴らしい。毎回、依頼人宅に手作り弁当を持参していくのも、相棒のえーかげんなキャラも、素晴らしい。
 ミステリとしては、トリックがギリギリだなあと思いますが(表題作は絵で想像したらなんだか脳内が凄いことになった)ゆるい雰囲気と併せて、悪くなし。これでもう少しシリアスな雰囲気だったりしたら、鬼のようにはまるのになあ。どうでもいいけど「凶器:バールのようなもの」は狙ってやってるんですかどうなんですか。


玄武塔事件:楽天ブックス
 懐かしく再読のシリーズ、お布施の意味も込めて購入続行中です。
 この巻は最初のうちはアキの視点で進むのが、なかなか新鮮。というかシリーズ前半って、シリーズとしての構成を含め、けっこういろんな試みがあったんだなあ。その結実(と呼んでいいのかどうか)が銀扇座事件だったとも思うわけですが。
 それにつけても、善人が死なないシリーズだ、としみじみ思う。読んでいて安心感があるのは、美点であり、緊張感に欠けてしまう理由にもなっており。まあ、それを消し飛ばしたのが銀扇座事件だと(以下略)……銀扇座事件も、再発売してくれないかな。


幻人ダンテ:楽天ブックス
 初めてまともに読む三田誠。リプレイヤーとしてはとってもおなじみなんですけれども。
 それにしても、今さらながら講談社ノベルスはどんどんラノベレーベル化していくなあ。これも、どこからどう見てもライトノベル。良い意味でも悪い意味でも。
 個人的にはほんとラノベ定型な感じの文体が辛かった。人物造形や設定、終盤の盛り上がりは、とても楽しかったのだけれど。三部作くらいの長さがあれば、もうちょっと掘り下げられて、さらにラストを楽しめた気がする。続き、出さないかな?

この記事へのトラックバックURL
http://habaki.blog4.fc2.com/tb.php/991-6e8d6279
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。